怒涛2日間!serch consoleへモバイルファーストインデックス報告

ARCHIVE

2018年一覧

怒涛2日間!serch consoleへモバイルファーストインデックス報告

POSTED ON・2018年9月21日 / CATEGORY・BLOG

モバイルファーストって何?

2018年3月27日にGoogle ウェブマスター向け公式ブログにおいて、正式にモバイルファーストインデックスの開始が発表しております。
「モバイル ファースト インデックスを開始します」(Google Webマスター向け公式ブログ)

実際にどのように行われているかというと・・・

  • モバイルファーストインデックス、準備が整ったサイトから行われて行く。
  • サーチコンソールにて通知が来る

この2点でサイトがモバイルファーストインデックスに変更されたことがわかります。

モバイルファーストインデックス(MFI)導入でどう変化する?

怒涛のモバイルインデックス報告に怖さを感じた二日間

それは9/19から始まりました。モバイルファーストインデックス報告は、それとなくゆっくり進んでいて、「ああこのサイトもなったかあ。」と季節が変わって行くかのように感じていたです。
9.19、20は違っていました。

報告が止まらない。こっちもちょっと焦りが強まるし、検索順位も気になるし。それでもまだ全て完了してわけないしなあ(不安感増大)

ちょっとここで冷静に・・・どの程度の検索順位に変化があるのでしょうか?

検索順位に変化を見てみると・・・

順位の良くなったサイトがけっこうありました。レスポンシブサイトでページ数が多い方がやはり強いのかな。(当たり前の話しですが)
その中でもレスポンシブでなくPC・スマホ別々のサイトもよかったようです。(これは意外)

html5でh1がいくつでも大丈夫だと言われても、h1は1つがいいようですね。僕も古いほうのコーディングをしているので、h1の位置はそろそろヘッダーから外して実験しないといけないな。

まとめ

結論から言うとgoogleの推奨している重要項目は守るべき。と言うわけだ。
コンテンツの作り方を再構築していかないと時代に遅れになる。ユーザー視点をどう表現していくのか?今後の課題であり、これがSEOにも繋がっていくのだろう。
検索してしていく時代もそろそろ終焉を迎えていくかもしれない。


いよいよ本格的に始まるgoogleのhttps化の波

POSTED ON・2018年6月25日 / CATEGORY・BLOG

googleのブラウザであるchrome(スマホも含む)では、今までセキュリティ強化のためにhttps://化を推進し動いてきましたが、
7月よりhttp://のサイトに警告表示されるようになります。

6月25日現在でのhttpしていない場合は以下のようになっています。

◎https://とは・・・

ショッピンサイトのカートでの購入ページやお問い合わせフォームページでは、他から攻撃やパスワードを盗まれないようにセキュリティページ(鍵マーク)になることを言います。googleはウェブ上の全ページを最終的には、鍵付きの安全なものにする方向でいます。

 

◎https://すると何が違う?

・サイトのセキュリティ強化
・HTTP/2対応ブラウザで表示が早くなる
・SEOにほんの少しだけ有利になる
・サイトの信頼性をアピールできる、ユーザーに安心感を与えることができる

 

◎https化にするには?

https化には、SSLサーバー認定書の発行が必要となります。基本、有料となります。各サーバーでの金額も少し違うようです。
SSLには主に3種類ありまして、

・クイック認証SSL (個人・企業)・・・ほとんどの方はこちらで大丈夫。一番安いです。 年間認証費用:3万円前後

・企業認証SSL(企業実在認証)・・・営組織の実在性を認証し、サイトの信頼性をアップしたい場合に 年間認証費用:6万円前後

・EV SSL(世界最高基準の認証で緑のアドレスバーと運営組織名が表示)

https化は止まりません。費用負担もありますが、全てsslになる場合には、費用も変わってくるでしょう。
7月にどのようになっていくのか?まだ」わかりませんが、早いうちにhttps化にするのが懸命だと思います。

https化にしたいけど、どうしたら良いのか?わからない方は、いつでもご相談いたします。
お問い合わせフォームよりお願いいたします。


ほりえ歯科

POSTED ON・2018年3月13日 / CATEGORY・歯科医院

メインビジュアルを無駄なく使用したところが印象的なサイトです。

http://www.horie-dentalclinic.com/

主な作業:全てのデザイン・構成・wordpress・レスポンシブ・院内撮影・SEO対策
地 域:栃木県宇都宮市


wordpressレスポンシブサイト採用

ホームぺージ制作をお考えの皆さまへ

埼玉を中心にホームぺージ制作をお考えの方ホームページにアクセスして頂きありがとうございます。DESIGN+COCOROでは、全国の方から制作依頼を頂きております。
ホームぺージを制作する際、『デザイン性』と『機能性』を重視した「人と人がつながる」ものを目指しております。近年スマホでの観覧が6割以上になり、ホームぺージの形も変わりました。私たちはwordpressのレスポンシブサイトを全サイトに採用しております。日々の進化を対応し、新しい試みを常に行っております。

制作の際は、お客様とのコミュニケ―ションを重視し、企画・構成・デザインなどご提案し、お客様のスピードで制作しております。

また、ホームぺージは制作後が本当のスタートです。この先の更新や保守も一緒に行ってまいります。
長い年月をかけて培ってきた専門技術とノウハウを持って、より満足を持って頂けるように お手伝いをさせていただければと願っています。


フラット7東大宮

POSTED ON・2018年3月12日 / CATEGORY・車関連

http://flat7-oomiyahigashi.com/

主な作業:全てのデザイン・構成・wordpress・レスポンシブ・院内撮影・SEO対策

地 域:埼玉県さいたま市見沼区


wordpressレスポンシブサイト採用

ホームぺージ制作をお考えの皆さまへ

埼玉を中心にホームぺージ制作をお考えの方ホームページにアクセスして頂きありがとうございます。DESIGN+COCOROでは、全国の方から制作依頼を頂きております。
ホームぺージを制作する際、『デザイン性』と『機能性』を重視した「人と人がつながる」ものを目指しております。近年スマホでの観覧が6割以上になり、ホームぺージの形も変わりました。私たちはwordpressのレスポンシブサイトを全サイトに採用しております。日々の進化を対応し、新しい試みを常に行っております。

制作の際は、お客様とのコミュニケ―ションを重視し、企画・構成・デザインなどご提案し、お客様のスピードで制作しております。

また、ホームぺージは制作後が本当のスタートです。この先の更新や保守も一緒に行ってまいります。
長い年月をかけて培ってきた専門技術とノウハウを持って、より満足を持って頂けるように お手伝いをさせていただければと願っています。


モバイルファーストインデックス(MFI)導入でどう変化する?

POSTED ON・2018年3月6日 / CATEGORY・BLOG

2018年4月に正式にモバイルファーストインデックスが導入されSEOにも大きな変化がまた起きそうだ。
そのような影響が起きるのか?その対策方法を説明していきます。

モバイルファーストインデックスとは何?

現在、PCサイトでのページ評価により検索結果が決まっていますが、モバイルファーストインデックスではモバイル及びスマホサイトでの評価により検索結果が決まってくるというものです。

なぜこのようなモバイルファーストインデックスを導入するようになったのか?
それは、スマホの増加によりスマホからの観覧がPCを超えてしまった状況が決めてだと思います。
様々な業種のサイトを管理していますが、スマホ6割、PC3割というものが多くなっていきているので、モバイルファースを常に実感しています。

モバイルファーストってどういうこと?

モバイルファーストを直訳すると「モバイルサイトを先に作る」という意味合いで取ってします方がいますが、実際は違います。

だいぶ前の他のサイトに書いてあった記事になってしまいますが、この記事の中で、モバイルファーストとは「お客さまのニーズへの最適化」であると言っておりました。

※Web担当者Forumより引用
https://webtan.impress.co.jp/e/2015/01/15/19034

モバイルファーストインデックスは確かにモバイル(スマホサイト)のページ評価で順位を決定していくことなのかもしれませんが、根本としてはコンテンツの内容がユーザーにとって有意なものなのか?が更に問われているのかもしれません。

また、モバイルに限らず、お客さまのインターネットでの接点となるデバイスでは、以下の4つのキーワードを実現する必要がある。

• どこでも
• どんな時でも
• 誰にでも
• 簡単に

「お客さまのためのモバイルファースト」でなければ、Webサイトで成果を出すことはできない。とも言っています。

これを見たときに、なんだかちょっとコンテンツ作りに迷っていたことがありました。それは、ユーザー目線というよりクライアント目線のものが多くなってきていると感じていたからです。ある意味、10年以上の前のサイト制作の時と変わらないんだなって思ったりもします。

モバイルファーストインデックスでの影響

現在でも存在するサイトはこのようになると思います。

・PCサイトのみ
・PCとスマホサイトが別で制作
・レスポンシブサイトで制作
・スマホサイトのみ(ごく稀ですが…)

一番影響できるのはPCサイトのみの場合でしょう。これも正直なってみないとわからない点がありますが。いつもいい割には変わらなかったり笑
しかし前の記事にも書きましたが、「健康・医療(歯科含む)関連ページの検索結果の大規模な見直し」ではかなりの変化がありましたので、今回も大きいと思われます。

見直した方がいいのは、レスポンシブサイトで制作かもしれません。
レスポンシブはPCサイトの内容のまま、スマホサイトに変換しています。いらない情報は表示しない工夫も必要になるはずです。これこそが「モバイルファースト」でしょう。

まとめ

モバイルファーストインデックスでの影響は大きいかもしれませんが。
スマホサイトがない場合は、「モバイルファースト」を意識したリニューアル制作をすることで新たな集客ができる可能性もあると思います。

ここ数年のgoogleのアルゴリズム変更が多いですが、対応を一つずつすることで広告効果を維持できるはずですので、ご自分のサイトが今何が足りないのか?確認するいい機会だと考えます。


ホームページ制作・更新作業代行のご相談はこちら

悩んでいる時こそ、まずはお問い合わせください。お電話もしくはお会いしてご相談いたします。
思いをカタチにして前へ進めていきましょう。

お問い合わせ »

© 2018 DESIGN+COCORO All Rights Reserved. Privacy